京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

虫歯菌への感染がカギ?
歯を磨かなくても虫歯ならない人の特徴を解説

私たちは小さい頃に「きちんと歯を磨かないと虫歯になる」と言い聞かされて、歯磨きを覚えるものです。実際、歯をしっかりと磨くことは虫歯予防の大前提なのですが、その結果、どのくらい虫歯になりにくくなるかは、人によって異なります。中には、ほとんど歯を磨かなくても虫歯にならない人もいるのです。ここではそんな「虫歯になりやすい人」と「虫歯になりにくい人」の違いについて詳しく解説します。

「歯をあまり磨かなくても虫歯にならない人」がいるのは本当

歯磨きを「全くしない」ことはあまりにも危険

始めに、「歯を磨かなくても虫歯にならない人がいる」というのは、半分正しくて、半分は間違っているといえます。なぜなら、歯をまったく磨かないということは、虫歯以前に、さまざまなお口のトラブルを誘発してしまうからです。そうした生活を続けていると、歯周病や口内炎、口腔カンジダ症などの口腔疾患だけではなく、肺炎や心疾患など、全身の健康にかかわる重篤な病気のリスクも引き上げますので注意が必要です。

歯磨きが不十分でも虫歯にならない人がいる

例えば、歯医者さんでは歯を11本ていねいに磨くように指導されることかと思いますが、歯列全体を大雑把に磨いて終わりという人も珍しくありません。人によっては、11回数分程度の歯磨きで済ませてしまう場合もありません。それでも虫歯にならない人というのは存在します。逆に、毎食後しっかりと時間をかけて歯磨きをしても虫歯になってしまう人もいるのが現実です。これだけ聞くと、とても不公平なことのように思えますが、そこにはきちんとした理由があるのです。

虫歯にならない人がいる理由

虫歯は細菌感染症の一種

虫歯というのは、ミュータンスレンサ球菌に代表される虫歯菌への感染によって引き起こされる病気です。そのため、虫歯を発症している患者さんの歯面やお口の中からは、必ず虫歯菌が検出されます。一方、人によってはお口の中に虫歯菌がほとんど生息していないこともあるのです。まずこの点が「歯磨きをあまりしなくても虫歯にならない人」がいる理由として挙げられます。

虫歯菌を増やさないことが大切

虫歯菌というのは、お口の中に生息する数百にも及ぶ口腔常在菌の1つです。「常在(じょうざい)」という名前がついているだけあって、ほとんどの人のお口の中には常に生息しています。それでも虫歯になるのが一部の人に限られているのは、虫歯菌の数に違いがあるからです。虫歯菌が歯に感染を引き起こすには、それ相応の数が必要となります。

つまり、虫歯にならない人は、虫歯菌の数がゼロか、感染に至るほど繁殖していないことを意味するのです。ちなみに、虫歯菌というのは一度お口の中で住み始めると、どんなに頑張って歯磨きをしたり、効果的なプロフェッショナルケアを受けたりしたとしても、ゼロにするのは不可能です。けれども、もともと虫歯菌がゼロか、ゼロに近い状態の人はいます。そうした人たちは、オーラルケアを徹底せずともその状態を容易に維持することが可能です。

虫歯菌が限りなくゼロに近い人とは?

上述した通り、虫歯は細菌感染症の一種であることから、私たちは必ずどこかのタイミングで他人に虫歯菌をうつされています。歯をあまり磨かなくても虫歯になりにくい人は、そうした虫歯菌への感染が起こっていないのですが、一生涯、そのようなリスクを回避することは不可能です。なぜなら、飲み物を回し飲みしたり、キスなどのスキンシップをしたりすることでも、虫歯菌の感染は容易に引き起こされるからです。そこで重要となるのが「感染の窓」と呼ばれる概念です。

虫歯菌に感染しやすくなる時期がある

「感染の窓」が開かれる時期

感染の窓とは、ある特定の時期に、虫歯菌への感染性が極めて高くなる現象を指しています。具体的には、生後1931ヶ月の期間に「感染の窓」が開かれるといわれています。この時期は、乳歯が生え揃う頃で歯列も不安定な状態となっています。そのため、ミュータンスレンサ球菌も歯面に定着しやすく、感染も起こりやすくなっているのです。

この時期を乗り切ると虫歯菌への感染率が急激に低下する

感染の窓が開かれる時期は、だいたい1歳半から2歳半までの1年間です。この時期に、親御さまがしっかりとしたオーラルケアを施してあげることで、お子さまの虫歯菌への感染率を急激に低下させることが可能です。乳歯列が正常に確立されたあとは、虫歯菌も定着しにくくなるからです。そして、「歯磨きをあまりしなくても虫歯にならない人」というのは、この時期を虫歯菌に感染せずに乗り切ったケースが多いと考えられます。

「感染の窓」が開かれる時期は2回ある?

専門的な意味での「感染の窓」というのは、生後1931ヶ月という具体的な時期を指していますが、現実的にはあと2回、感染の窓が開かれる時期があります。それは「6歳臼歯」と「12歳臼歯」が生えてくる時期です。これらの歯が生えてくる頃にも、歯列の状態が不安定となることから、虫歯菌が定着しやすくなります。逆にいうと、これらの時期も虫歯菌に感染せず乗り切ってしまえば、一生涯、虫歯にかからない可能性も高まるのです。

虫歯にならない歯を作るために

感染の窓の時期にスキンシップを控える

感染の窓の時期には、キスなどスキンシップを控え、スプーンや箸などを家族内で共有しないよう努めることが大切です。小さなお子さまが虫歯菌に感染する経路というのは、毎日接するご家族である場合がほとんどです。

家族全員が虫歯予防に努める

虫歯の感染源となるご家族全員がオーラルケアを徹底することも大切です。ご家族のお口の中が清潔であれば、お子さまが虫歯菌に感染するリスクも大きく減少します。

プロフェッショナルケアを受ける

歯科医院では、親御さまに対する仕上げ磨きのコツなどもお伝えしております。また、清掃性が悪くなっている歯への予防処置やクリーニングなども受けることができるため、定期的な検診を受けて、虫歯予防に努めましょう。

まとめ

このように、歯磨きをあまりせずとも虫歯になりにくい人は存在します。そうした恵まれた口腔環境を手に入れるには、感染の窓を上手に乗り切ることが大切です。ただし、虫歯にはかかりにくいものの、その他の病気を誘発するおそれがあることから、歯磨きはすべての人が毎日しっかりと行う必要があるといえます。