京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

脳梗塞に誤嚥性肺炎?歯周病でリスクが上昇する全身の病気について

歯周病は、歯茎や歯槽骨といった「歯周組織」に感染して、炎症などの症状を引き起こす病気です。それだけに、悪影響が及ぶのは歯やその周囲の組織に限られそうなものですが、そうではありません。歯周病が全身の健康に悪影響を与えることは、科学的にも証明されています。ここではそんな歯周病と全身疾患との関係について詳しくご紹介します。

歯周病菌は血液に乗って全身を巡る

歯周病は、いろいろな全身疾患のリスクを上昇させますが、それは口腔内で繁殖した歯周病菌が血管へと侵入し、全身を巡ることが主な原因となっています。軽度の歯周病であれば、そうした現象もあまり起こらないのですが、重症化すると許容量を超えた歯周病菌や炎症性の物質が血管内を巡り、全身にさまざまな異常をもたらすようになるのです。

心臓や脳の病気

狭心症・心筋梗塞

血流に乗った歯周病菌や炎症性の物質は、血管壁に対して有害な刺激を与え、動脈硬化を促進させる作用を示します。動脈硬化とは、血管の柔軟性を奪ってしまう深刻な病態です。また、脂肪性の沈着物が副産物として生じ、それがプラークとなって血液の通り道を塞いでしまうのです。その結果、生じるのが狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気です。

脳梗塞

歯周病は、狭心症や心筋梗塞とほぼ同じメカニズムで、脳梗塞のリスクも上昇させます。血管内で形成されたプラークが脳の細い血管を詰まらせることで、脳梗塞を発症します。とくに、血圧やコレステロール値、中性脂肪値が高い方は、そのリスクがさらに高くなってくるため要注意です。

糖尿病との負の相乗効果

歯周病と糖尿病はお互いに悪影響を及ぼし合う

歯周病との関わりの深い全身疾患として、最も重要なものの1つに「糖尿病」があります。糖尿病は生活習慣病の一種として有名ですが、その患者さんの多くが歯周病を合併しているという報告がなされています。これは、糖尿病にかかった人は、歯周病にもかかりやすくなっていることを意味します。しかも、歯周病にかかっても、糖尿病のリスクが上昇したり、その症状が増悪したりすることもわかっているのです。つまり、歯周病と糖尿病は、お互いに悪影響を及ぼし合う関係にあるといえるのです。

歯周病菌の内毒素による作用

歯周病によって糖尿病の症状が増悪するメカニズムは、いたってシンプルです。歯周病菌の細胞癖には「エンドトキシン」と呼ばれる内毒素が存在しており、これが血液中に放たれることで、インスリンの効果が減弱してしまうのです。糖尿病ではインスリンの分泌が低下したり、その効果が弱まったりすることが病気の本質であることから、内毒の影響がそのまま病態の悪化へとつながっていきます。

糖尿病による歯周病への影響

次に、糖尿病から歯周病への影響についてですが、これは主に免疫力の低下が関係しています。歯周病というのは、歯周病菌に感染することで発症する病気であり、免疫力が正常であれば適切な抵抗力を発揮することができます。けれども、糖尿病というのは免疫を担当する細胞の機能低下を招くことから、歯肉においても容易に細菌感染を引き起こしてしまうこととなるのです。糖尿病ではさらに、末梢の血管が脆くなったり、傷の治りが遅くなったりするなどの影響も重なって、歯周病を合併しやすくなっています。

誤嚥性肺炎の原因となる

誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは、高齢の方に起こりやすい肺炎で、食べ物や唾液などを誤って気管内に飲み込んでしまった際に生じる病気です。誤嚥自体は、それほど珍しい現象ではなく、若い人でも日常的に起こることがありますが、その際は咳などによって気管から排出します。そうした咳反射などが衰えていると、食べ物などが気管内にとどまってしまい、そこに含まれる細菌が原因となって肺炎を引き起こしてしまうのです。

誤嚥性肺炎で検出される主な細菌は「歯周病菌」

感染の窓が開かれる時期は、だいたい1歳半から2歳半までの1年間です。この時期に、親御さまがしっかりとしたオーラルケアを施してあげることで、お子さまの虫歯菌への感染率を急激に低下させることが可能です。乳歯列が正常に確立されたあとは、虫歯菌も定着しにくくなるからです。そして、「歯磨きをあまりしなくても虫歯にならない人」というのは、この時期を虫歯菌に感染せずに乗り切ったケースが多いと考えられます。

妊娠・出産との関わり

早産・低体重児出産

歯周病は、出産にも大きな悪影響を及ぼすことがあります。それは早産や低体重児出産の誘発です。いずれも生まれてくる赤ちゃんにとって深刻なリスクを背負わせることとなるため、十分な注意が必要です。そうした出産に関する影響も血流に乗った歯周病菌によって引き起こされます。

妊娠性歯肉炎

全身疾患との関連という意味では少し話がズレますが、妊娠をすると歯周病にかかりやすくなることがわかっています。妊娠中は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が増え、それをエサとする歯周病菌が繁殖しやすくなるからです。そうして起こる歯周病を専門的には「妊娠性歯肉炎」と呼んでいます。

全身の病気を発症させないために

ここまで、歯周病によって引き起こされる全身疾患について解説してきましたが、いずれも命の危険にさらされるような重篤な病気です。それだけに、可能な限り予防することが大切といえます。ただ、大元を辿ればすべては「歯周菌の繁殖」へと行きつくため、歯周病をいかに予防・管理するかにかかっているといえます。

今現在、歯周病にかかっている人はしっかりと治療を受けて、その症状を改善しましょう。まだ歯周病にかかっていない人は、定期検診やプロフェッショナルケアなどを受けて、歯周病予防に徹しましょう。そうすることで、歯周病菌の繁殖を抑えることが可能となり、上述した全身疾患のリスクも軽減できます。

まとめ

このように、一見すると何ら関わりのないような全身疾患でも、歯周病との密接な関連が認められるものが多数あります。しかも、どれも日本人の死因と直結しているような重たい病気だけに、細心の注意を払う必要があるといえます。