京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

ホワイトニングのメリット・デメリットや費用感
歯医者選びのコツをご紹介

口元の審美性というのは、歯の色によって大きく左右されます。歯が黄ばんでいたり黒ずんでいたりすると、それだけで不潔なイメージを与えてしまうことも少なくありません。それだけに、最近では歯を白くするホワイトニングを希望される方が増えてきています。そこで気になるのがホワイトニングの治療内容やクリーニングとの違い、施術に伴うメリット・デメリット、費用などですよね。ここでは、それらに加え、ホワイトニングを受ける歯科医院選びのポイントもわかりやすくご紹介します。

ホワイトニングとクリーニングってなに?

ホワイトニングと似た処置に、歯のクリーニングというものがあります。これらには明確な違いがあるため注意しましょう。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯科医院で受けることができる「漂白処置」を指します。ホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つに分けることができ、いずれも歯を漂白することができるホワイトニング剤を使用します。漂白剤は、過酸化水素や過酸化尿素といった刺激の強い成分から構成されていることから、歯科医師や歯科衛生士でなければ、患者さんのお口の中に作用させることが許されていません。ですから、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング以外の方法は、本来のホワイトニングとは異なる処置とお考えください。

クリーニングとは

歯のクリーニングとは、専門的にはPMTCと呼ばれる処置です。日本語に訳すと「専門家による機械的な歯の清掃」で、こちらも歯科医師や歯科衛生士が施術を行います。電動のブラシと清掃剤や研磨剤を用いて、歯を11本丁寧に磨いていきます。その結果、通常のブラッシングでは落とすことのできないステインやバイオフィルムなどを、効率良く除去することが可能となります。

ホワイトニングとクリーニングの違い

上述したように、ホワイトニングは漂白することによって歯を白くする処置であるため、歯の内部にまで沈着したしつこい着色汚れもきれいに取り除くことができます。一方、歯のクリーニングは、あくまで「歯面の清掃」にとどまることから、表面に付着した汚れのみ除去することが可能です。これはホワイトニングとクリーニングの決定的な違いといえます。

オフィスホワイトニングと
ホームホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、いずれも歯科医院でしか治療を始めることができないホワイトニング法ですが、施術の方法やメリット・デメリットという点において、違いが見られます。

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは、口腔内の診査からホワイトニング剤の塗布、光照射に至るまで、ホワイトニングに関わる処置をすべて歯科医院で受けることができる施術法です。歯科医師や歯科衛生士が施術を担当するため、「過酸化水素」という比較的作用の強い薬剤を使用することが可能となっています。また、ホワイトニング剤を活性化させる光照射も、オフィスホワイトニングでなければ受けることができません。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングでは、作用の強い薬剤を使用し、光照射を実施することから、短期間で歯を白くすることが可能となっています。一般的には、2~3回程度の通院で、目標とする白さまで到達させることができます。それだけに、大切なイベントを控えている人など、即効性の高さを求める場合には、オフィスホワイトニングがおすすめといえます。また、オフィスホワイトニングでは、自分で施術する手間が省けたり、安全に歯を白くすることができたりするなどのメリットも存在します。

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングのデメリットとしては、比較的費用が高くなるという点が挙げられます。それから、即効性は期待できるものの、持続性においてはホームホワイトニングに劣るといえます。また、数回とはいえ歯科医院に通わなければならないというデメリットも存在しています。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニング法です。とはいっても、口腔内診査やトレーの作成、ホワイトニング剤の処方を受けるために歯科を受診する必要はあります。そうした事前の準備が整ったあとは、患者さんそれぞれが自宅で好きな時にホワイトニング処置を施すこととなります。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングでは、患者さん自身がホワイトニング剤を取り扱うことから、「過酸化尿素」という比較的作用の弱い薬剤を使用します。そのため、オフィスホワイトニングのような即効性は期待できませんが、時間をかけてじっくりと歯を漂白していくことで、ホワイトニング効果を長持ちさせることが可能です。歯が目的の白さまで到達する期間の目安としては、2週間程度が一般的といえます。それから、ホームホワイトニングでは、好きな時に好きな場所でホワイトニング処置を施せるというメリットも得ることができます。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリットとしては、歯が白くなるまで比較的長い時間がかかるという点が挙げられます。また、自分自身で施術する手間がかかるという点も、デメリットとして考えることができます。

ホワイトニングにかかる費用の相場について

歯科クリニックでのホワイトニング処置を検討するにあたって、どうしても気になるのが治療にかかる費用ですよね。ここでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングそれぞれの費用の相場を簡単にご紹介します。

オフィスホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングでは、検査から施術に至るまで、すべてを歯科医師などの専門家が行うことから、比較的費用が高くなっています。料金相場としては、30,000円~50,000円が一般的といえます。

ホームホワイトニングの費用

ホームホワイトニングでは、ホワイトニングに使用する薬剤や機械がオフィスホワイトニングと異なるだけでなく、施術をするのが患者さん自身ということもあって、比較的費用が安く設定されていることが多いです。料金相場としては、20,000円~40,000円が一般的といえます。

ホワイトニングに特化した歯科医院を選ぶ
ポイントについて

ここまで、ホワイトニングの種類やそれぞれの特徴、料金相場などについて解説してきましたが、重要なのはどの歯科医院で治療を受けるかということです。

審美歯科の治療実績が豊富な歯科医院

ホワイトニングというのは、歯の色の微妙な調整など、歯科医師や歯科衛生士の技術や経験にも大きく左右される治療法といえます。それだけに、審美歯科治療に力を入れている歯科医院の方が良い結果を得られやすいといえます。例えば「ホワイトエッセンス」といった名称がついているような歯科クリニックであれば、審美歯科治療の実績も豊富であることが多いです。そういったデンタルクリニックだと、マイスターと呼ばれるような専門家がいたり、歯科衛生士などのスタッフも審美治療に長けた診療技術を習得していたりすることでしょう。

細かいコースが設定されている

ひと言でホワイトニングといっても、患者さんによって歯の色や希望する白さなどは異なります。そこで重要なのが患者さんそれぞれに合ったホワイトニングコースを適用してくれるかどうかという点です。患者さんの要望をしっかりと聞き、段階を踏んでしっかりと歯を白くしてくれる歯科医院であれば、安心して施術を任せることができるといえます。

その他の治療もしっかり行っている

ホワイトニングを受ける上で、ホワイトニングに特化した歯科医院を選ぶことは大切ですが、その他の治療もしっかり行えることが大切です。具体的には、矯正歯科や小児歯科、それから歯周病治療や予防処置もしっかりと行える歯科医院がおすすめといえます。なぜなら、ホワイトニングの事前審査で問題が見つかったり、施術後にトラブルが生じたりしても、適切に対応してもらえるからです。そうした歯科医院は、予約が取れにくいこともありますし、なかなか見つけにくい場合も珍しくないので、知人や友人に紹介してもらうというのもひとつの手といえます。

まとめ

このように、ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があり、それぞれに異なるメリット・デメリットがありますので、上述した内容を参考に最善といえる方法を選択しましょう。