京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

歯科治療で行う麻酔の種類と副作用、禁忌行為やアレルギーについて

歯科治療には、いろいろな場面で麻酔処置を施します。使用する麻酔薬や麻酔法の種類はそれぞれで異なります。また、麻酔の効果が持続する時間や副作用、処置にかかる費用なども気になることかと思います。ここではそんな歯科麻酔に関して、詳しくご紹介していきます。

治療別、使う麻酔の種類と費用感、

その効果時間・副作用について

一般的な虫歯治療

前歯や小臼歯などに生じた虫歯は、「表面麻酔」と「浸潤麻酔」で治療を進めていくのが一般的です。

 表面麻酔

表面麻酔とは、その名の通り歯茎などの口腔粘膜表面に作用させる麻酔法です。ジェル状の薬剤を施術部位に塗布することで、粘膜や歯の感覚が麻痺します。その結果、浸潤麻酔を施す際の痛みを軽減することが可能となります。表面麻酔の効果は数十分とそれほど長くはありません。副作用としては、フレーバーとして含まれている「アミノ安息香酸エチル」によって、じんましんやむくみなどが生じることがあります。表面麻酔にかかる費用は、数十円程度です。

 浸潤麻酔

浸潤麻酔(しんじゅんますい)とは、局所麻酔とも呼ばれる麻酔法で、歯科治療で行う麻酔といえばこれを指すことがほとんどです。注射針を歯茎に刺して、施術部位周辺の感覚を麻痺させます。針を刺入する時や薬液を注入する時に強い痛みを感じる傾向にあります。浸潤麻酔の効果時間は、1~3時間程度です。歯科治療が終わってからも、しばらく歯茎の感覚が麻痺しているのはそのためです。

浸潤麻酔では、「局所麻酔中毒」と呼ばれる副作用が生じることがあります。また、アドレナリンが添加されている麻酔薬を使用する際にも、血圧上昇や動悸などの副作用が生じることがあるため注意が必要です。浸潤麻酔にかかる費用は、数百円程度です。

麻酔が効きにくい部位の虫歯治療

下の顎の奥歯というのは、比較的麻酔が効きにくい部位といえます。一般的には浸潤麻酔で対応することができるのですが、なかなか麻酔の効果が現れない場合は、伝達麻酔(でんたつますい)と呼ばれる麻酔法を実施することがあります。

 ○伝達麻酔

 伝達麻酔とは、下顎孔(かがくこう)と呼ばれる部位に作用させる麻酔法です。下顎孔には、下の顎や下唇などの感覚を司る神経が収められているため、浸潤麻酔よりも直接的な麻酔効果が得られます。

 ただし、伝達麻酔の処置には習熟した技術が必要であるため、熟練した歯科医師が行うことが望ましいといえます。刺入部位を誤るなどすると、下顎やオトガイ部、下唇などに感覚麻痺などの副作用を起こすこともあるからです。また、伝達麻酔にもアドレナリンが含まれていることが多く、動悸や血圧上昇などの副作用にも注意が必要です。伝達麻酔の効果は数時間程度であり、施術にかかる費用は数百円程度です。

歯科治療への恐怖心が強い場合

歯科治療への恐怖心や不安感が強い場合は、精神鎮静法と呼ばれる麻酔が施されることがあります。具体的には、吸入鎮静法と静脈内鎮静法です。

 吸入鎮静法

 吸入鎮静法とは、笑気と呼ばれる麻酔ガスを鼻から吸入することによって、心を落ち着かせる鎮静法です。笑気ガスを吸うと、とても気持ちの良い状態となるため、歯科治療への恐怖心や不安感などが取り除かれます。笑気ガスの副作用としては、効果が切れたあとに嘔気や嘔吐、末梢神経障害が現れることもありますが、非常に稀といえます。笑気麻酔にかかる費用は、数百円程度です。30分を超えるような長い治療となると、もう少し費用がかかることもあります。

 静脈内鎮静法

 静脈内鎮静法とは、文字通り静脈内に鎮静剤を直接投与して、鎮静効果を発現させる麻酔法です。吸入麻酔法よりも効果が高く、インプラントオペのような強い緊張や不安を伴う処置に活用されています。麻酔を作用させる間はモニターでバイタルを確認するなど、全身麻酔と同じような環境で行われる麻酔法です。その分、歯科治療に伴う不安感や恐怖心を取り除く効果は大きく、「気づいたら治療が終わっていた」という患者さんが多くを占めます。そんな静脈内鎮静法では、薬剤による影響はもちろんのこと、全身疾患との関連から、重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため、持病などは事前にきちんと伝えておきましょう。静脈内鎮静法の効果時間は比較的長く、治療が終わった後もしっかりと目が覚めるまで歯科医院で休憩する必要があります。とはいえ、効果時間は数時間ですので、極端に長い時間、帰宅できないわけではありません。費用は、数千円程度です。

大掛かりな外科処置や障害のある人への歯科治療

歯科でもケースによっては大掛かりな外科処置が必要になることもあります。また、重度の精神障害を抱えている患者さんは、治療への協力が得られないことがあります。そういったケースでは全身麻酔が適応されることも珍しくありません。

 ○全身麻酔

 全身麻酔とは、麻酔薬の作用によって脳の一部の機能を抑制する麻酔法です。患者さんは意識を失うだけでなく、呼吸など重要な機能も停止するため、人工呼吸器が必要となる特別な処置法といえます。それだけに、侵襲性の高い大掛かりな外科処置であっても、痛みや不安、恐怖心などを感じることがなくなります。麻酔効果の持続は数時間程度ですが、一般的には1日入院したのちに帰宅します。簡単な手術であれば、その日に帰宅できることもあります。全身麻酔自体の費用は、保険が適用されても数万円程度となっています。

麻酔が効くメカニズムについて

麻酔薬が人体へ効果を発揮するメカニズムというのは、非常に複雑で、まだ解明されていない部分も多々あります。また、薬剤の種類によって作用機序も異なるため、麻酔が効くメカニズムを一概に語ることはできません。そこで歯科で最も一般的な局所麻酔薬について、その作用機序をシンプルに解説します。全身麻酔についても簡単にふれておきます。

局所麻酔は末梢神経をブロックしている

歯を削る際に感じる痛みというのは、末梢神経へと刺激が伝わることで生じます。具体的には、神経細胞膜にあるNaチャネルへとNaが流入することで、活動電位が発生し、痛みが生じるのです。歯科治療で用いる局所麻酔は、このNaチャネルをブロックすることで、痛みが生じるのを抑えているのです。

全身麻酔は中枢神経の働きを抑制する

全身麻酔が効くメカニズムについては、全容が解明されていません。けれども、中枢神経の働きを抑制するということは確かだといえます。全身麻酔薬によって中枢神経の機能が抑制され、痛みや恐怖心はもちろん、手術中の記憶さえも取り除かれていくのです。

麻酔治療を受けるにあたって
避けるべき行為について

麻酔治療を受けるにあたり、激しい運動や飲酒、喫煙などは避けるようにしましょう。これらは血圧などを大きく変動させるリスクがありますし、歯科治療そのものにも良い影響は与えません。治療の前後はしっかりと睡眠をとり、体調を整えることが大切です。

麻酔によるアレルギーとその対処について

歯科で使用する麻酔薬の種類はさまざま

麻酔と一言で言っても、さまざまな薬剤を使用します。歯科治療に用いられる薬剤ひとつとっても、その種類は多岐にわたりますし、1本の薬剤の中にも複数の成分が含まれていることも珍しくありません。それだけに、薬剤によるアレルギーを発症するリスクは必ずあるといえます。

治療前に申告することが大切

もしも過去に麻酔によるアレルギー反応が生じていた場合は、治療前にきちんと申告しておきましょう。これは歯科治療を安全に行う上で必須といえます。ご家族にそうしたアレルギーがある場合も同様です。また、過去にアレルギーの経験がない場合でも、体調や使用する薬剤によってはアレルギーを発症する可能性があることを忘れてはいけません。

薬物アレルギーの対処法

歯科医師は、治療中に薬剤アレルギーが発症しても、適切な処置を施せるように訓練されていますのでご安心ください。アレルギー症状を和らげる薬剤を投与したり、適切な処置を施すことで、バイタルを安定させたりすることが可能です。

まとめ

このように、歯科治療ではいろいろな麻酔薬や麻酔法を用いて、患者さんの痛みや不安を和らげるよう努めています。それぞれに副作用やアレルギーのリスクも伴いますが、多くの場合は治療を安全に終わらせることができますのでご安心ください。