京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

 虫歯の進行度を表す
「CO、C1、C2、C3、C4」について

虫歯治療を受けていると、歯科医師や歯科衛生士が「CO」や「C1」といった暗号のような言葉を使っているのを耳にしたことからあるかと思います。一般の患者さんからすると、それが何を意味しているのか分からないことから、不安に感じることも少なくないですよね。ここではそんな虫歯治療に用いられる専門用語について詳しく解説します。

虫歯の進行度を表す記号

虫歯というのは、専門用語で「カリエス(caries)」といいます。そして、1~4の番号は、虫歯の進行度を意味しています。数字が大きくなるほど、進行度が高いことから、「C4」ともなるといよいよ末期段階といえますね。一方、「CO」は、最も進行度の低い虫歯ではありますが、「シーゼロ」ではなく、「シーオー」と読みます。

「CO」は初期の虫歯

「CO(シーオー)」はCaries Observationの略称で、まだ発生して間もない初期の虫歯を意味します。専門的には「初期う蝕(しょきうしょく)」といいます。歯の表面に穴はあいておらず、「白斑」や「白濁」といった症状だけ認められる段階です。そのため、治療を必要としないことも多く、フッ素塗布などの予防処置を実施することで、歯の再石灰化をはかります。

「C1」はエナメル質の虫歯

「C1」は、虫歯菌がエナメル質だけにとどまっている段階です。歯の表面に穴はあいていますが、痛みなどの自覚症状が現れることはありません。舌で触った時に違和感が生じたり、食べ物が詰まりやすくなったりした場合は、エナメル質の虫歯が疑われます。

「C2」は象牙質の虫歯

「C2」は、虫歯菌が象牙質にまで及んでいる段階です。エナメル質の虫歯とは異なり、冷たいものや甘いものがしみるようになります。また、歯質の欠損も大きくなることから、多くの患者さんがこの段階で虫歯に気付くこととなります。

「C3」は神経まで侵された虫歯

「C3」までくると、虫歯菌が歯髄にまで到達し、歯の神経や血管を蝕んでいきます。「C3」は、虫歯全体の中で最も強い痛みや不快な症状が現れる時期ともいえます。歯医者嫌いの人は、この段階で痛みを我慢することができなくなり、歯科を受診するケースが多いといえます。

「C4」は歯冠が崩壊した虫歯

「C4」では、歯髄が完全に蝕まれてしまっているので、痛みなどの症状は消失しています。歯冠部もほぼ崩壊しており、残っているのは歯根のみである場合が多いです。これを専門的には「残根状態(ざんこんじょうたい)」といいます。こうなると、治療をして元の状態に戻すのは困難であることから、多くのケースで抜歯が適応されます。

まとめ

このように、「CO、C1、C2、C3、C4」は虫歯の進行度を表すもので、何か特別な意味があるわけではありません。専門家同士では、こうした略称を使って話した方が、都合が良いだけなのです。他にも何か気になるような用語などがありましたら、お気軽にご質問ください。わかりやすくご説明します。