京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

インプラントと入れ歯の違い

失った歯を補う治療をご検討中の方は、入れ歯とインプラントで迷っているケースも少なくありません。最も一般的な欠損補綴である入れ歯であれば、治療期間が短かったり、費用が安かったりするなど、比較的簡単に作れそうなものですよね。一方、「天然の歯と同じように噛める」と謳われているインプラントは、入れ歯にはないメリットもたくさんあります。ここではそんなインプラントと入れ歯の違いについて詳しく解説します。

人口歯根の有無

インプラント治療と入れ歯治療では、「手術」が必要になるかどうかの違いがあります。インプラントには「フィクスチャー」と呼ばれる人工歯根を顎の骨に埋める必要があるからです。手術自体はそれほど時間のかかるものではありませんが、この人工歯根の有無は、補綴物の機能性や審美性において極めて大きな違いをもたらします。

他の歯を犠牲にする必要がない

入れ歯は、人工歯と義歯床、クラスプなどから成る補綴装置で、残存歯に支えとなってもらうことで口腔内に固定します。つまり、製作の際には天然歯を削り、使用していく中でも残った歯にある程度の負担を担ってもらう必要があるのです。一方、インプラントには人工歯があることから、他の歯を犠牲にする必要がありません。

審美性と機能性の違い

見た目の美しさと、補綴物としての噛みやすさは、やはりインプラントに軍配が上がります。入れ歯はその特性上、どうしても装置が大型化することから、装着時の違和感や異物感が大きいだけではなく、見た目の美しさも劣ってしまうものなのです。食事や会話の際にずれたり、外れたりするのも入れ歯の大きな欠点といえます。その点、インプラントは使用中にずれたり外れたりすることはありませんよね。また、「人工歯根と人工歯」という天然歯と同じ構造をとっていることから、審美性も高く仕上げることが可能なのです。

治療期間の長さ

保険診療の入れ歯は、1ヶ月程度で製作できることが多く、治療に要する期間は比較的短いといえます。インプラントは、治療計画の立案から前処置、インプラントオペ、上部構造の製作まで含めると、半年以上の期間は必要となる治療法です。患者さまのお口の中の状態によっては、それ以上かかることも珍しくありません。ですから、この点においては入れ歯治療の方が優っているといえます。

まとめ

このように、インプラントと入れ歯には多くの違いがあり、総合的にはインプラントの方が優れた補綴治療といえます。ただ、治療に対して何を求めるかによって優劣も変わってくることから、まずはしっかりとしたカウンセリングを受けることが大切です。その上で、最善といえる補綴治療を選びましょう。