京田辺市・松井山手駅近くの歯科医院

〒610-0352 京都府京田辺市花住坂2丁目1-1
松井山手駅から徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0774-34-4618

インプラントと差し歯の違いってなに?

一般の人からすると「インプラント」と「差し歯」というのは、ほとんど同じようなものに見えますよね。外から見たら、どちらもただの人工歯でしかありません。けれども、この2つには決定的な違いがいくつもあるのです。ここではそんなインプラントと差し歯の違いについて解説します。

歯があるかないかの違い

インプラントと差し歯には、天然の歯が残っているかいないかの違いがあります。これは歯科治療において決定的な違いなのですが、補綴処置を施した後はどちらも同じような見た目になるため、区別しにくくなる気持ちもよく理解できます。ちなみに、インプラントには天然の歯や歯質が残存していません。一方、差し歯には最低限、歯根だけは残っているものです。

人工歯根と天然の歯根

インプラントは、歯質が一切残っていない症例に適応されることから、人工の歯根を顎の骨に埋め込む必要があります。フィクスチャー、あるいはインプラント体とも呼ばれるパーツで、インプラント治療のキモともいえるものです。一方、差し歯には天然の歯根が存在していますので、わざわざ人口のものを埋入する必要がありません。この違いもまた、天然の歯質が残っているか否かに関わってくるものですね。

保険適用の有無

インプラント治療は、原則的に保険が適用されません。欠損補綴としては極めて優れた治療法なのですが、やはり使用する材料や機材などが特別であることから、保険適用するわけにはいかないのでしょう。差し歯に関しては、保険診療と自由診療を選択することができます。審美性や機能性を追求しないのであれば、保険診療の差し歯でも十分事足りるといえます。

適応症の違い

ここまでの解説でお分かり頂けたかと思いますが、インプラントと差し歯というのは、そもそも適応される症例が全く異なります。インプラントは何らかの理由で歯を完全に喪失した症例に適応されるものですが、差し歯には必ず健全な歯質が残存しています。そのため、どちらが優れた治療法なのか、という比較は意味をなさないといえます。大切なのは、それぞれの症状に合った最適な治療法を選択するということです。

まとめ

このように、インプラントと差し歯はどちらも人工歯を装着する治療法ですが、適応症から施術内容に至るまで、全く異なるものといえます。その違いを理解した上で、歯科治療を受けると、歯医者さんの説明もすんなり頭に入るようになるかと思います。