• 豆知識
  • 予防歯科
  • インプラント

インプラントこそ後のメンテナンスが重要に!?一生使い続けるための豆知識

インプラント治療を受けた後、歯医者さんでメンテナンスを受けることはとても大切なことです。
では、なぜインプラント治療後のメンテナンスが重要なのかを説明していきます。
インプラント治療とは、何らかの原因で歯が抜けてしまった顎骨に骨との結合が良いチタンという金属のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯あるいは義歯を取り付け、抜けてしまった歯を補う歯科治療のことです。
インプラント治療を受けると、自分の歯が戻ってきたような感覚でしっかりと噛む事が可能になります。また、審美性に優れている事、健康な隣在歯を削らないこともインプラント治療の大きなメリットであります。次にデメリットは、保険適用外であること、手術が必要なので治療期間が長くなってしまうことなどがあげられます。
これだけ優れているインプラントを一生使い続けるためにメンテナンスが重要になってきます。メンテナンスを怠ると、インプラント自体を失う原因になってしまう可能性があります。特に注意が必要なのは「インプラント周囲炎」です。
「インプラント周囲炎」とは、インプラントの周辺の組織で炎症が起こる疾患で、歯周病と同じ細菌感染症の一種で、歯垢や歯石の中にいる細菌が主な原因で起こります。
「インプラント周囲炎」の症状が進んで、インプラントを支える歯槽骨が破壊されると、歯肉が退縮したり、インプラント体(人工歯根)の露出が始まり、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまう危険性もあります。
なのでインプラント治療が終了しても、良好な状態を保つためには、日々のご自身の歯磨と定期的なメンテナンスがとても重要です。
歯科医師、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで、患者さん自身のお掃除だけでは行き届かない部分のクリーニングを行い、歯ブラシだけではなく超音波を使った機械などで、歯垢や歯石を取り除きます。
また、患者さんのお口の中の状態にあった適切な歯磨き指導を行い、患者さん自身では気づきにくい変化がないかチェックし、問題があれば早期治療をすることで良好な状態を保ち一生インプラントを使い続けることが出来るので治療終了後のメンテナンスはとても重要になってきます。